中華バル 津門菜館:化学調味料を使わない中華

三軒茶屋駅から自宅への平和な帰り道に突如現れた赤旗。それはまるで、ドラクエでスライムが出現するかのごとく、突然の出来事だった。

赤旗に書かれているのは「刀削麺」の文字。トウショウメン。かつて田町で食べたことがある、あのトウショウメンだろうか。港区にある店の食べ物が食べられるとは、さすが三茶である。

我々は2Fに上がり、「中華バル 津門菜館(しんもんさいかん)」の重い扉を開けた。

店内は空席が目立つ。この店は2018年12月にオープンした店で、開店からまだ半年程度しか経っていない。知名度がイマイチなのか、それとも、夜に本領発揮するタイプの店なのだろうか。

お目当ての刀削麺だけでなく、中華料理のメニューが豊富に揃っている。せっかくなので、刀削麺以外のものも一部頼んでみることにした。

まずこちらが「元祖刀削麺」(850円)。麺は太く、もっちりと噛み応えがあるが、田町で食べたものと比べると、どこか淡白さを感じる。見た目は辛そうだが、スープの辛さは控えめで食べやすい。大きな特徴がない、無難な刀削麺である。無難においしいが、どこかパンチに欠けるのだ。

さらに、「四川麻婆豆腐」(1180円)をオーダーした。 四川風の特徴ともいえる、花椒がたっぷりかかった、しびれる麻婆豆腐である。こちらも、極端に辛いということはなく食べやすい。豆腐はやわらかく、液体部分も重たすぎない。

以上で食事は終了した。訪れたので記事にして紹介はしているが、正直「普通」の店だと感じた。刀削麺がどうしても食べたいときには良いかもしれないが、この店のこの味が食べたいと思わせる力には欠けていた。

ただ、公式サイトには「化学調味料をしようしない」と書いてある。中華といえばグルタミン酸ナトリウムから逃れられない料理だ。津門菜館には、そんな中華の伝統を打ち破り、ヘルシー志向という時代の流れに迎合する姿勢が伺える。味にパンチがないのは、化学調味料を使っていないのが一因なのかもしれない。

わたしは、化学調味料に「パンチ」を感じてしまう自らの舌を反省した。津門菜館の中華料理に「普通」以上のおいしさを感じられること。これが現代人が目指すべき舌なのかもしれない。

中華バル 津門菜館 公式ホームぺージ(なぜか2個ある):
https://shinmonsaikan.gorp.jp  
https://shinmonsaikan.owst.jp/

スポンサーリンク

シェアする