エラワン:安心のタイ料理ランチビュッフェ

今でこそ三茶民であるが、その昔、私はただの新宿民であった。

新宿民の頃、私はいくつかの行きつけの飲食店を持っていた。しかし、今ではその多くが閉店の憂き目にあっている。新宿もまた三軒茶屋と同様に飲食店の入れ替わりが激しい街である。

そんな厳しい時代、厳しい街を生き抜くタイ料理屋がある。「タイシャブ・タイ料理 エラワン」である。

スポンサーリンク

タイ料理すぎないタイ料理

エラワンが新宿で生き残ることができた魅力、それは何だろうか。私はこう考える。

「本格派過ぎないタイ料理」

エスニック料理は、普段の日本食にはない刺激的な味や香りを持っている。本場の味は、我々日本人の想像を超えた強力な刺激をもたらしてくる。

タイという国が好きで本場の味に興味がある。各国の本場の味を体験してみたい。そのように食と向き合う人々は本格的な、本場の味を求めているのであろう。しかし、私を含め多くの人々はこう考えエラワンに向かっているのではないだろうか。

「美味しいタイ料理が食べたい」


日本食に慣れ親しんだ私にとっての「美味しいタイ料理」とは、タイ料理の特徴である辛味、酸味、甘みが程よく感じられるタイ料理風の味付けである。本場のタイ料理ではなく安心して食べることができるタイ料理なのである。

エラワンは、そんな安心して美味しく食べられるタイ料理を提供してくれるお店なのである。

私自身はタイ料理に限らずエスニック料理は好きであるし、本場の味に近いといわれる店のいくつかによく通っていた。

しかし、今はもうその店の多くは新宿に残っていない。

私が新宿民としてエラワンに通っていたころは、「新宿靖国通り店」時代である。紀伊国屋の裏手にある靖国通り沿いのビルに店を構えており、ランチビュッフェでたした1,000円程度の価格であった。

今では「新宿東口店」としてビックロの裏手に店を構え、この日のランチビュッフェは1,680円であった。ランチビュッフェの値段はあがり、味付けも昔よりマイルドになっているように感じた。

エラワンは、時代に合わせてメニュー、味付け、価格を変化させながら「美味しいタイ料理」を私たちに提供してくれる。大切な人との休日のランチを安心しして楽しめる店。それがエラワンなのである。