肉屋格之進F:文句なしの赤身熟成肉

三茶民はほとんどの時間を三茶で過ごしているが、さすがに非三茶民の友人に会うときくらいは三茶の外に出向く。さらに、せっかく三茶の外に行くのであれば、三茶では食べられないものがある店を選びたいものである。

三茶では食べられないものの1つ。それは熟成肉だ。

厳密に言えば、熟成肉とワインをテーマにした店はあるが、筆者はワインが得意じゃないので近づきがたい。酒を飲まない人でも気軽に熟成肉を楽しめそうな店は、三茶にはないのである。(後日追記:このように行くことを渋る人は筆者以外にも多かったのか、熟成肉とワインの店は潰れた)。

かくして、この度の友人との会合の場は、六本木一丁目にある「肉屋格之進F」に決まった。

今回訪れた 肉屋格之進Fは、六本木一丁目駅に直結したアークヒルズサウスタワーのB1フロア「アークキッチン」にある。

格之進とは、岩手産の熟成肉を売りにする熟成肉屋である。格之進Fのほかにも、格之進Rやら格之進Rtやらがあるが、どのような違いがあるのかはネットを見るだけではよく分からない。今回は、雨にぬれずに辿り着けるという理由で格之進Fを選んだ。店頭には熟成肉と思わしき肉が並んでおり、食欲がそそられる。

店内は狭めで、黒と赤を基調にした大人びた雰囲気である。

メニューはセットメニューおよびアラカルトの選択ができる。写真は撮っていないが、ボトルのワインもそれなりに豊富であった。今回の狙いは、熟成肉の塊焼なので、メニュー写真3枚目の塊焼をお願いする。

すると、店員がいくつかの熟成肉をテーブルに運んでくる。テンションが上がる瞬間の1つだ。この日用意されていたのは5種類であった。この中から100g以上で選択する。我々は霜降りを消化できる強靭な胃腸を持っていないので、赤身専。赤身肉である「ウチモモ」(3300円)と、「ハバキ」(2300円)を100gずつオーダーした。

筆者と友人は下戸仲間。りんごジュースで乾杯。

熟成肉が到着するまでは前菜で胃腸を活性化させておく。これは、シャルキュトリーの「盛り合わせ」(1200円)。メニューにある4種のシャルキュトリー「パテドカンパーニュ」「チキンバロティーヌ」「鴨のスモーク」「白金豚のボイルハム」を少量ずつ楽しむことができる。様々な種類の肉が一堂に会している、肉屋らしい前菜である。いずれもジューシーでおいしい。ピクルスやキャロットラペも付け合わせてある。

さらに、野菜も食べたかったので「本日の岩手野菜」(800円)をオーダー。野菜の種類は、パプリカ、タマネギ、かぼちゃ、謎の豆、謎のじゃがいも風の芋的な何か、であり、いずれも茹でられている。バジルソースをかけて食べる。野菜の水分量保持量が多く、素材の良さが感じられた。これも軽い前菜として適切であった。

そして大本命の熟成肉。さきほど選んだ生肉が調理されて登場。鮮やかな赤身が美しい。ポテトもついており、ポテト愛好家の三茶民にとっては良心的である。

味付けは塩のほかにも、マスタードやわさびがあるが、塩で食べるのが一番おいしい。噛み応えがあり、旨味がたっぷりな赤身肉。脂身がなく、肉でありながらさっぱりとしている。熟成肉に求めている味そのものである。今回は50gずつと少なめであったが、一口ごとの充実感が高く、満足できた。

普段関わる友達がゼロである筆者は、年に数回、学生時代の友人に会う程度の対人頻度である。これは貴重な対人機会であると同時に、貴重な外出機会である。年に数回与えられる「三茶の外に出る名目」をうまく活用し、三茶にはない食べ物にありつけるよう、今後も友人たちの食欲の矛先を操作していきたい所存である。

格之進 公式ホームページ: https://kakunosh.in/

スポンサーリンク

シェアする