三軒茶屋で食べられる味噌ラーメン3選【地元民がレビュー】

味噌ラーメンは、とんこつや醤油などと比べると影が薄くなりがちである。しかし、わたしは味噌ラーメンこそを推したい。ラーメンのおいしさは味噌に宿るのである。

ラーメン激戦区の1つである三軒茶屋には、幸いなことに味噌ラーメンを食べられる店がいくつかある。この記事では、三軒茶屋で食べた各味噌ラーメンの味をレビューしていきたいと思う。

なお、わたしは基本的に薄味好きの細身であり、こってり系よりはあっさり系やシンプル系を好む。ラーメンのレビューは好みによって意見が大幅に分かれるので、ラーメン趣味が大幅に違う人の参考にはならないであろうことはお断りしておく。

スポンサーリンク

らーめん無双 スキ度★★★★★

三軒茶屋でもっとも数多く食べている味噌ラーメンが、らーめん無双の「白味噌玉子ラーメン」(780円)である。

しっかりと味噌が感じられるものの、重たくない。くどくない。つるつるした噛み応えのある麺との相性も最高である。このスープにはこの麺しかない。完成された本物の味噌ラーメンである。決して具が豊富というわけでもないのに、最後まで飽きずに食べられるし、飲み干せる。 テーブルには調味料も設置されているが、使う機会がなかなか来ない。それだけ、この味噌スープは偉大なのである。

関連記事:らーめん無双の訪問記録

味噌一 スキ度★★★

なんと三軒茶屋には味噌ラーメン専門店がある。それが味噌一だ。こちらは「味噌一コーン」(820円)。

麺は太く、噛み応えがありコシがある。味噌との相性が考え抜かれた麺だと言える。味噌スープは、白味噌ベースであり、味は濃いが「濃厚」とまではいかない。優しい甘みのある、重たすぎないスープだ。この味噌スープは52種類のスパイスのおかげか、満腹になるまで飽きずに食べ続けることができる。 札幌味噌や、ほかの味噌ラーメンとは一味違い、この店でしか食べられない味である。味噌への強いこだわりが感じられる良店だが、わたしには全部飲み干すにはやや重たいスープである。こってり系好きな人には最高だと思われる。

関連記事:味噌一の訪問記録

れんげ食堂Toshu 三軒茶屋店 スキ度★★★

三軒茶屋には定食屋が乏しいので、れんげ食堂Toshuの存在はありがたい。チェーン店だが、この店の「味噌ラーメン」(550円)も外せない。

通常の醤油ラーメンとは異なり、味噌に合うように太麺になっている。スープはサラっとしているが、オイリーでもある。こってりとあっさりの中間に位置している。味噌の味は濃厚で、塩気がやや強く感じられる。他の味噌ラーメンにはない、何かの調味料や出汁の味がするように思われるが、何かは分からない。チェーン店の割には、こだわって作られているように思われるし、結構好きだ。ただ、公式ホームページにはカロリーが1062kcalと、通常の醤油ラーメンの2倍近くあり、全部食べるのには抵抗がある。

関連記事:れんげ食堂は昼飲みの聖地

とりあえず以上だが、今後また食べ次第随時追加していく。

スポンサーリンク

シェアする