sirusi:ニッチを攻めるスタイリッシュな担々麺

駅から徒歩1分のタピオカ店では、閑古鳥が鳴き始めて久しい。一方で、駅から徒歩5分以上を要する汁なし担々麺店には人が集まる。店と客の距離を近づけるのは、直立二足歩行ではない。食べ物のおいしさなのだ。

「汁なし担々麺と魚介そば sirusi」は、栄通りの終わりあたりに位置している。汁なし担々麺も魚介そばも、おそらく三茶ではここにしかないと思われる。

そんな戦略的ニッチ産業が功を奏しているのか、この日のお昼時はお客さんが次々と来店した。店内はカウンター席が10席程度だが、空席が5分以上続くことはなかった。

メニューはこちら。最初に券売機で食券を購入する。ここには書いてないが、汁なし担々麺は小盛りに変更できる。通常の麺は170g、小盛りの麺は130g。170gは結構多かったので、女性は130gで良いと思われる。また、トウガラシ的辛さレベルと、サンショウ的しびれレベルが3段階で選べる。

座席には各種調味料やウォーターサーバーがある。

調味料の容器は若干UIが難しく、使い方に悩んだので一応書いておく。銀のふたを外し、空気穴を上にして注ぐ。当たり前といえば当たり前なのだが、なぜか若干の使いづらさを感じてしまう。

箸やれんげ、紙エプロンは、机の引き出しに入っている。麺類の店としては珍しい提供スタイルである。

到着を待つ間は、食べ方を熟読しておく。汁なし担担麺を混ぜる際には1秒でも遅れを取ってはならないからだ。また、sirusiのロゴがなぜ「瑞」という字なのかを待ち時間に調べたところ、「瑞」という字にはシルシという読み方があり、めでたいしるしを意味するらしい。自分の名前が「瑞希(ミズキ)」とかでない限り知る機会のない豆知識を得た。

そして、ようやく到着した、「味玉汁なし担担麺」(980円)。味玉は別添えであった。こちらは辛さ1、しびれ1である。1はほとんど辛くなく、ピリ辛のエッセンスがちょっとある程度。辛いものが苦手な人でも食べられそうだ。

麺は太くてコシと弾力がある。ゴマダレはどこかフルーティな要素を感じさせる。適度にどろっとしているが、重すぎない。タレと麺をしっかりと絡めて食べる。また、カシューナッツの甘味がゴマとよく合っており、水菜のシャキシャキ感が爽やかさを添えている。飽きがこない汁なし担担麺であった。

なお、同伴した友人は、辛さ3、しびれ3を選んでいた。色からして違いが明確である。しかし、一口味見させてもらったところ、確かに辛いとはいえ、「適辛」ぐらいであり、決して「激辛」ではなかった。山椒はしっかり効いており、舌がしびれてはくる。それでも、ちょっと体力と胃腸に自信がある日であれば、3を頼むこともできそうに思えた。

汁なし担担麺リテラシーが低い私にとっても、sirusiの汁なし担担麺は満足度が高かった。「麺類が食べたいけれど通常のラーメンの気分でもない…」というニッチな心境の際に積極的に訪れたい店である。栄通り側の住民として、今後もsirusiを応援していきたい。

sirusiの公式ホームページは無し。

スポンサーリンク

シェアする